Pocket

こんにちは。本は表紙のデザインで決めるtogirouです。

僕のインスタでやっている”あったらいいなシリーズ”。

実は何個か作成していました。
(自分で楽しむ用です。販売などは一切行なっていません。)

今回は実際に作ってみたスマホケースを写真付きでご紹介します。
最後には下の2点も少しだけお伝えします。

  • 欲しいものは作れるということ
  • スマホケースの作り方





じゃあ何を作っていたかは前回にあります。

実際に存在したら即買いするスマホケース5選!

ネタバラシをするとトップの写真ですね。
(インスタで投稿したことがあるので見たことあるかもしれません。)

  • YAECA
  • PATAGONIA

じゃあ、どうしてこのデザインを作ったのか。

すいません、ただ欲しかったんです。。

 

実際の写真がこちらです。

YAECA スマホ

そしてこれが元になったイラストです。

比較するとこんな感じ。

YAECA 比較写真

形を除けば、ほぼ完璧な仕上がり。

 

 

もう一つ
patagoniaの実際の写真はこんな感じ。

 

patagonia スマホケース

 

イラストはこんな感じ。

比較するとこんな感じです。

patagonia 比較写真

 

こちらも形を除けば、ほぼ完璧な仕上がりに。

 




 

欲しいものは作ることができる


さて、初めに書いたように欲しいものを作るやり方を少しだけ伝授します。

僕はイラストレーターなので実際に描くことができますが、絵が苦手な人は作れないのか?

「いいえ、そんなことありません。」

 

スマホケースの作り方


あんまり声を大にして言うことはできないんですが、例えばpatagoniaのロゴでスマホケースを作りたいとします。

 

  1. ネットでpatagoniaのロゴを検索
  2. するとたくさん出てくるので好きなロゴを保存
  3. その画像をスマホが作れるアプリやサイトにアップロード
  4. 大きさなどを調整しながら作成する

 

このような流れで誰でも簡単に作れると思います。

ただし、それを悪用(大量に作って販売するなど)は著作権に大きく関わってきますので絶対にやめましょう。
個人で楽しむための作成に留めてください。

 

終わりに


いかがでしたか?
本当はもっと詳しく作り方を写真付きでご紹介したかったんですけど、どこかから怒られるかもしれないのでやめました(すみません)
この方法なら自分でも作れる!と思ってくださったなら幸いです。
また、自分で作ったものを持つというと楽しさにも出会えてくれたらなお嬉しいです。

ではでは〜。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。